PHPの作成・実行に必要なソフトウェア

ExcelやWordと違いPHPの作業は1つのソフトウェアで完結しない

PHPを独学しようとして、最初につまづくのがソフトウェアの問題です。

1つの事情は、ExcelやWordでドキュメントを作成する作業とイメージが違うことです。

Excelで住所録を作成する場合、Excelをインストールして、Excelを起動して、Excelに住所録を入力すれば済みます。

これに対して、PHPで何かを作る場合、ソフトウェアをインストールしてからブラウザ画面に何かを表示するまでの流れは次のようになります。

・必要なソフトウェア一式(Webサーバー、PHPライブラリ、テキストエディタなど)をインストールする
・テキストエディタにPHPスクリプトを入力して「php」という拡張子で保存する
・Webサーバーを起動する
・ブラウザを起動して「http://localhost/test.php」のようなURLにアクセスする

すべての作業をExcelやWord、またはホームページ作成ソフトといった1つのソフトウェアで完結するわけではないので、少しとまどう方がいます。

スイスイと進められる方には何の問題もないように思えますが、実際に、ここでつまづいて学習をやめてしまう方がいるのも事実です(難しいというより、面倒に感じてしまうため)。

「どうしてもPHPを習得するぞ!」という意志のある方を除いて、少しでも面倒なことがあれば、辞めたくなるのは当然です。

ただ、ちょっとした点をクリアすれば良いことなので、ここで辞めてしまうのは非常に残念なことです。

PHPの「インストールから最初の1ページまで」をスムーズに進めるには、PHPスクリプトの作成と実行で別々のソフトウェアが必要だと理解する必要があります。典型的には、次のような組み合わせになります。

作成に必要なソフトウェア — テキストエディタ
実行に必要なソフトウェア — Webサーバー、PHPライブラリなど

PHPの実行に必要なソフトウェアを一括インストールできるXAMPP

実行に必要なソフトウェアについて「など」と書いたので、いくつもインストールする必要がありそうですが、すべてをまとめてインストールしてくれる「XAMPP」というソフトウェアがあるので心配は不要です。

○XAMPPのダウンロードサイト
http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.html

XAMPPをインストールすると、Webサーバー(Apache)、PHP、データベース(MySQL)というPHPスクリプトの実行に必要な基本的なソフトウェアに加え、phpMyAdminという、Webアプリケーションでデータベースの作成に欠かせないデータベース管理ツールもインストールされます。

これらを1つずつインストールするのは大変な作業ですが、XAMPPでは数分で完了します。これからPHPの学習を始める方には必須ツールです。

PHPの作成にはテキストエディタが必要

作成に必要な「テキストエディタ」は、秀丸エディタなどがあります。Windowsのメモ帳でも作成は可能ですが、できれば、メモ帳以外のテキストエディタをインストールすることをおすすめします。

その理由や、XAMPPのインストール方法などを含めて『PHPプログラミングの教科書』に書きました。XAMPPのインストールから、最初の1ページの作成、実行まで、イラストを使ってわかりやすく説明しているので、つまづきそうになった方は、ぜひ参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする