PHPを独学するなら、Udemyの動画講座で
PHP 7も使えて快適な エックスサーバー

date関数を使うと、日付や時刻に書式を設定して取得したり表示することができます。以下に例を紹介します。

date関数の簡単な使用例

現在の日時を表示する

現在の日時を表示する例です。date関数の2番目のパラメータを省略すると現在の日時が対象になります。

<?php
echo date("Y/m/d H:i:s");
?>
実行結果
2016/10/21 11:43:48

指定した日時を表示する

指定した日時を表示するには、2番目のパラメータに日時をタイムスタンプで指定します。タイムスタンプを取得する定番の関数は次のとおりです。

  • time --- 現在の日時を返す
  • mktime --- 年・月・日・時・分・秒を指定
  • strtotime --- 日時を示す文字を指定できる
<?php
$y = 2016;
$m = 8;
$d = 30;
$h = 12;
$i = 34;
$s = 56;
echo date("Y/m/d H:i:s", mktime($h, $i, $s, $m, $d, $y))
?>
実行結果
2016/08/30 12:34:56

mktime関数で指定する日時は時・分・秒・月・日・年の順です。

さまざまな日付を表示する

昨日の日時を表示する

2番目のパラメータで昨日のタイムスタンプを指定します。いくつかの方法がありますが、次の例では、strtotime関数で「yesterday」を指定しています。

<?php
echo date("Y/m/d", strtotime("yesterday"));
?>
実行結果
2016/10/20

10日後の日付を表示する

strtotime関数で「+10 days」を指定すると10日後のタイムスタンプを取得できます。

<?php
echo date("Y/m/d", strtotime("+10 days"));
?>
実行結果
2016/10/31

今日から3日分の日付を表示する

予約日付を選択してもらうときなどに役立ちます。次の例では単純に箇条書きしているだけです。

<?php
echo "<ul>";
for ($i = 0; $i < 3; $i++) {
    $dt = date("Y/m/d", strtotime("+{$i} days"));
    echo "<li>{$dt}</li>";
}
echo "</ul>";
?>
実行結果

3日分の日付を表示する

その他、date関数について詳しくは以下のページも参考にしてください。

PHPマニュアル:date
スポンサーリンク

こちらもどうぞ

こちらも参考にしてください

関連記事

MySQL

phpMyAdmin

PHPサンプルコード

PHP全般

WordPress

エラーメッセージ

PHPの基礎が身に付いたかチェック!

PHP「直す力」養成ドリル
スポンサーリンク