PHPを独学するなら、Udemyの動画講座で
PHP 7も使えて快適な エックスサーバー

WordPress関数のis_categoryとin_categoryの違いについて説明します。

カテゴリーアーカイブかどうか判断するis_category

is_category関数は、現在表示中のページがカテゴリーのアーカイブページかどうか判断するときに使います。

<?php if(is_category()) : ?>
カテゴリーアーカイブです。
<?php endif; ?>

is_category('news') のようにカテゴリー名やIDを指定すると、特定カテゴリーのアーカイブを表示中かどうか調べることができます。

<?php if(is_category('news')) : ?>
ニュースカテゴリーのアーカイブです。
<?php endif; ?>

特定カテゴリーに属する記事か判断するin_category

in_category関数は個別の記事に対して使う関数で、指定したカテゴリーに所属しているかどうか判断できます。たとえば、in_category('event') と記述すると、その記事がイベントカテゴリーに所属する記事かどうかをチェックできます。

<?php if(in_category('event')) : ?>
イベントカテゴリーの記事です。
<?php endif; ?>

基本的には投稿ループ内で現在の投稿をチェックするとき使うのが定番ですが、「in_category('event', 73)」などのように2番目のパラメータに投稿IDを指定することで、ループ外でも任意の投稿についてチェックすることができます。

スポンサーリンク

こちらもどうぞ

こちらも参考にしてください

関連記事

MySQL

phpMyAdmin

PHPサンプルコード

PHP全般

PHP関数

WordPress

エラーメッセージ

PHPの基礎が身に付いたかチェック!

PHP「直す力」養成ドリル
スポンサーリンク