気軽に読めるPHP入門書・PHPスクリプトが動かないときの原因と対策などを紹介します。

PHPプログラミングの教科書 [php1st.com]

php.iniの場所

投稿日:

PHPの設定を変更したくなることもありますが問題はphp.iniの場所です。場所の調べ方を紹介します。また、レンタルサーバーによってはメニューで変更できるようになっているので、簡単にまとめておきます。

php.iniの場所を調べる方法

php.iniの場所はphpinfo関数で調べることができます。次の1行だけを入力したファイル(例:info.php)を作成します。

<?php phpinfo(); ?>

このファイルをサーバーにアップロードして実行すると、「Loaded Configuration File 」にphp.iniの場所が表示されます。

php.iniの場所

php.iniの場所

レンタルサーバーのメニューでphp.iniを編集する場合

レンタルサーバーによってはphp.iniを簡単に編集できるメニューがあるので、上記のように場所を確認する必要もないかもしれません。

レンタルサーバーごとのphp.ini編集メニューをまとめておきます。

エックスサーバーの場合

エックスサーバーではサーバーパネルの「PHP」‐「php.ini設定」メニューで、状態をONにした後に「php.ini設定変更」または「php.ini直接編集」から設定を変更できます。

php.iniの編集(エックスサーバー)

php.iniの編集(エックスサーバー)

ドメインごとに異なる設定が可能です。

直接ファイルを編集する場合はドメインのxserver_phpフォルダにあります。

設定を間違えた場合は「php.ini設定初期化」からリセットすることができます。

php.ini設定のリセット

php.ini設定のリセット

さくらインターネットの場合

さくらインターネットではサーバコントロールパネルの「PHP設定の編集」から設定を変更できます。最初は空なので、追加したい項目(ディレクティブ)のみを記述していくスタイルです。

PHP設定の編集(さくらインターネット)

PHP設定の編集(さくらインターネット)

全ドメイン共通の設定になります。

直接ファイルを編集する場合はwwwディレクトリ直下(/home/ユーザー名/www/php.ini)にあります。

ロリポップの場合

ロリポップではユーザー専用ページの「サーバーの管理・設定」‐「PHP設定」メニューから設定できます。

ドメインを選んで「設定」ボタンをクリックすると設定画面が開きますが、モジュール版では設定できないのでCGI版に変更する必要があります。

XAMPPの場合

ローカル環境でPHPを実行するXAMPPではPHPフォルダにphp.iniが存在します。エディタで開いて変更することができます。

PHPの基礎が身に付いたかチェックするなら

PHP「直す力」養成ドリル

-PHP全般

Copyright© PHPプログラミングの教科書 [php1st.com] , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.