PHPでアップロードサイズを変更する

PHPでアップロードできるファイルのサイズを変更する方法を紹介します。

いくつかのレンタルサーバーではアップロードできるファイルサイズが2Mなどの小さい値に制限されている場合があるので、WordPressのようなCMSから大きい画像をアップロードするとエラーになります。

アップロードサイズの制限を緩める方法も覚えておいた方がよいでしょう。

PHP設定ファイル(php.ini)に次のようなコードを書くとPHPからのアップロードサイズを変更することができます。

upload_max_filesize = 20M
post_max_size = 20M

これにより、20Mまでアップロード可能になります。「20M」の部分は任意の値に変更してください。

upload_max_filesizeはアップロードされるファイルの最大サイズです。

post_max_sizeはPOSTされるデータの制限値です。一般的にupload_max_filesizeより大きく設定します。

その他、PHP設定ファイル(php.ini)の設定項目(ディレクティブ)について詳しくは以下のページも参考にしてください。

【参考】PHP: コア php.ini ディレクティブに関する説明 – Manual

スポンサーリンク