PHPを独学するなら、Udemyの動画講座で
PHP 7も使えて快適な エックスサーバー

WordPressで記事が増えてくると過去の投稿内容を一括で変換したくなることもあります。また、URLを変更したときに、記事に古いアドレスが残ってしまうこともあります。そのようなときは投稿を一括変更できるプラグインもありますが、変更前後の文字列がちょっとした値のときは、wp_postsテーブルに対して直接SQL(UPDATE文)を実行するという禁断の技もあります。たとえば、次のSQLを実行すると「変更前の文字列」が「変更後の文字列」に置き換わります。

※元に戻せないので自己責任で十二分に注意して実行してください。よくわからない方にはおすすめしません。

○投稿内容の文字列を一括で変更する

update wp_posts
set post_content=replace(post_content,"変更前の文字列","変更後の文字列")
スポンサーリンク

こちらもどうぞ

こちらも参考にしてください

関連記事

MySQL

phpMyAdmin

PHPサンプルコード

PHP全般

PHP関数

エラーメッセージ

PHPの基礎が身に付いたかチェック!

PHP「直す力」養成ドリル
スポンサーリンク