PHPを独学するなら、Udemyの動画講座で
PHP 7も使えて快適な エックスサーバー

PHPスクリプトの入力を間違えると「Parse error」というエラーメッセージが表示されます。エラーメッセージの最後に、行番号が示されますが、必ずしもその行に原因があるとは限りらないので、その行だけを気にしすぎるとエラーの原因が把握できません。たとえば、次の例では、if文の閉じ忘れによって「Parse error:…… on line 14」が表示されますが、実際には7行目が原因です。

<?php
$a = "テスト";
$b = "テスト";

if ($a == "テスト") {
    echo "テストです";
※if文の閉じ忘れ

if ($b == "テスト") {
    echo "これもテスト";
} else {
    echo "テストではない";
}
?>

○実行結果

「Parse error: syntax error, unexpected $end in C:\file……test.php on line 14

定番のエラーメッセージを予習したい方におすすめの本

このようにエラーを修正するには慣れが必要です。実践で経験を積めば自然とエラーに対処するためのカンが身についてくるのですが、定番のエラーパターンを先に予習しておくのも1つの手です。
よくあるトラブルのパターンを予習しておきたい方にはこの本をおすすめします(私が書いた本ですが)。クイズ風にまとめてあります。実際に起きたエラーだと思ってクリアしていきましょう。
「PHP「直す力」養成ドリル」について詳しくはこちら

スポンサーリンク

こちらもどうぞ

こちらも参考にしてください

関連記事

MySQL

phpMyAdmin

PHPサンプルコード

PHP全般

PHP関数

WordPress

PHPの基礎が身に付いたかチェック!

PHP「直す力」養成ドリル
スポンサーリンク