falseの判別がうまくいかないとき

if文でfalseとの比較がうまくいかないときは、"false"と比較していないか確認しましょう。次の例では、$strがfalseかどうか調べていますが、「値はfalseです」とは表示されません。

<?php
$str = false;
if ($str == "false") {
    echo "値はfalseです";
}
?>

"false"はfalseではなく、文字列の「false」だと判断されてしまいます。"false"ではなくfalseと比較しましょう。

<?php
$str = false;
if ($str == false) {
    echo "値はfalseです";
}
?>

○実行結果

値はfalseです

if文による値の比較がうまくいかないときは、以下の記事も参考にしてください。

if文による値の比較がうまくいかないとき

PHPの基礎が身に付いたかチェックするなら

PHP「直す力」養成ドリル
スポンサーリンク