PHPを独学するなら、Udemyの動画講座で
PHP 7も使えて快適な エックスサーバー

サブディレクトリにインストールしたWordPressに、ドメイン名そのものでアクセスしたい場合があります。さくらインターネットなど、レンタルサーバーの簡単ブログインストールメニューを使うと、ドメインのサブディレクトリにWordPressがインストールされることがあるので、その方法をおさえておくと役立ちます。たとえば、次のようなイメージです。

○WordPressのインストール先
http://php1st.com/wp

○このURLでアクセスできるようにしたい
http://php1st.com/

この場合、次の手順で設定します。

(1) サブディレクトリにWordPressをインストールする
たとえば、http://php1st.com/wpにインストールします。

(2) サイトアドレスを変更する
「設定」-「一般」-「サイトアドレス (URL)」を「http://php1st.com/」に変更します。

(3) サブディレクトリにある2つのファイルをコピーする
wpディレクトリにある次のファイルを、ドメイン直下(http://php1st.com/のディレクトリ)にコピーします。

○コピーするファイル(wpディレクトリからドメイン直下へ)
.htaccess
index.php

(4) index.phpを修正する
index.phpを開いて、次の行を変更します。サブディレクトリのファイルを読み込むための指定です。

・変更前
require('./wp-blog-header.php');

・変更後
require('./wp/wp-blog-header.php');

(5) .htaccessを変更する
サブディレクトリ情報を削除します。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /wp/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /wp/index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress
# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

これで完了です。http://php1st.com/wpにインストールしたWordPressに、http://php1st.com/で実行できるようになります。

修正ミスなどでアクセスできなくなった場合は、元のアドレスにある管理メニュー「xxxxx/wp/wp-admin」に直接アクセスしましょう。

PHPスクリプトの編集が不安な方におすすめの本

この記事のように、WordPressでPHPスクリプトの編集が必要になる場面は突然やってきます。必修ではありませんが、余裕があるうちに「少しだけ」PHPを理解しておくとサイト制作のさまざまな場面で落ち着いてPHPスクリプトの編集をこなせるようになります。これから始める方にはこの本をおすすめします(私が書いた本ですが)。
西沢直木のワードプレス講座の個別サポートに持ち込んでいただければPHPの基礎から詳しく説明します。
「PHPプログラミングの教科書」について詳しくはこちら

スポンサーリンク

こちらもどうぞ

こちらも参考にしてください

関連記事

MySQL

phpMyAdmin

PHPサンプルコード

PHP全般

PHP関数

エラーメッセージ

PHPの基礎が身に付いたかチェック!

PHP「直す力」養成ドリル
スポンサーリンク