PHPを独学するなら、Udemyの動画講座で
PHP 7も使えて快適な エックスサーバー

「新宿駅」など、入力された場所と範囲からツイートを検索します。

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<title>場所を指定してツイートを検索</title>
</head>
<body>
<?php
// 場合の名前を取得
if (isset($_POST["q"]) and !empty($_POST["q"])) {
    $q = htmlspecialchars($_POST["q"], ENT_QUOTES);
    $dis = htmlspecialchars($_POST["dis"], ENT_QUOTES);
} else {
    $skip = true;
}
?>
<p>場所を指定してツイートを検索</p>
<!-- 検索キーワード -->
<form method="POST" action="<?php echo $_SERVER["SCRIPT_NAME"]; ?>">
場所:
<input type="text" value="<?php echo $q; ?>" name="q">
<select name="dis">
    <option>1km</option>
    <option>3km</option>
    <option>5km</option>
    <option>10km</option>
</select>
<input type="submit" value="検索" name="sub1">
</form>
<?php
// 検索の実行
if (!$skip) {
    // 処理用のパラメータ
    $url = "http://www.geocoding.jp/api/";
    $param = "q=" . rawurlencode($q);

    // 緯度経度を取得
    $c = curl_init("{$url}?{$param}");
    curl_setopt($c, CURLOPT_RETURNTRANSFER, 1);
    $result = curl_exec($c);
    curl_close($c);
    $xml = simplexml_load_string($result);
    $lat = $xml->coordinate->lat;
    $lng = $xml->coordinate->lng;

    // Twitter APIのURLとパラメータ
    $url = "http://search.twitter.com/search.json";
    $param = "geocode={$lat},{$lng},{$dis}";

    // 検索を実行
    $c = curl_init("{$url}?{$param}");
    curl_setopt($c, CURLOPT_RETURNTRANSFER, 1);
    $result = curl_exec($c);
    curl_close($c);
    $json = json_decode($result);

    // 結果を一覧表示
    echo "緯度経度({$lat},{$lng})からの検索結果<hr />"; ##del##
    foreach ($json->results as $res) {
        echo $res->text . "<hr />";
    }
}
?>
</body>
</html>

○実行結果

場所を指定してツイートを検索

場所を指定してツイートを検索

スポンサーリンク

こちらもどうぞ

こちらも参考にしてください

関連記事

MySQL

phpMyAdmin

PHP全般

PHP関数

WordPress

エラーメッセージ

PHPの基礎が身に付いたかチェック!

PHP「直す力」養成ドリル
スポンサーリンク