気軽に読めるPHP入門書・PHPスクリプトが動かないときの原因と対策などを紹介します。
ブログ

PHP全般

スポンサーリンク

「error_reporting 32767」とは

「error_reporting 32767」とか「error_reporting 32759」のようなコードは何かの暗号のようですが、実は「error_reporting(E_ALL)」や「error_reportin ...

mb_substrで取得した文字列が文字化けするとき

PHP関数のmb_substrで取得した文字列が文字化けしている場合、文字コードが正しく設定されていないことが原因かもしれません。たとえば、次の例では、「プログラミング」という文字だけを取得しようとしています。 文字コー ...

PHPの独学に便利なオンライン学習プラットフォーム「udemy」

PHPを独学でマスターしようと思ったら分厚い本と格闘するのが定番ですが、なかなか続かないかもしれません。 なにしろ、眠くなりますよね。私もそうですが、難しそうな本を1ページずつ読んでいくのは忍耐力が問われます。 そんな方 ...

CSVファイルを読み取る処理で文字化けするとき

CSVファイルを読み込むPHPスクリプトで実行結果が文字化けする場合、CSVファイルの文字コードを確認してみましょう。 実行結果は次のように文字化けする場合があります。 典型的な原因はExcelから作成したCSVファイル ...

配列インデックスの型は自動変換される

arrayなどで配列を作成するときに指定するインデックスは型の自動変換(キャスト)が行われます。 たとえば、次のように配列を定義します。 この配列を出力すると、文字の「3」や円周率の3.14は3にキャストされます。同じイ ...

ヒアドキュメントに記述した変数名を展開しない「Nowdoc」

記述した内容をそのまま表示できる点でヒアドキュメントは便利ですが、ヒアドキュメントの中に記述した変数が展開(値が出力される)されてしまうのが不便なときもあります。 PHP5.3.0以降であれば、Nowdoc構文を使うと解 ...

二重ループを一気に抜けるにはラベル付きbreakの代わりに「break 2」またはgoto演算子を使う

ループの中でbreak文を使うと、そのループを抜けることができますが、二重ループの内側でbreakを使うと、内側のループを抜けるだけです。 Javaなどのように「break ラベル;」と、移動先のラベルを指定できないので ...

switch文のcaseによる条件分岐がおかしいとき

switch文で作成した条件の分岐がおかしく感じるときがあります。次の例は、「大吉」を引いたときのみ「大吉」と表示する簡単なswitch文です。 入ってきた値は「0」ですが、実行すると、「大吉」と表示されてしまいます。 ...

1 2 3 4 »
スポンサーリンク
スポンサーリンク

西沢直木の電子書籍【無料読み放題対応】

Amazon.co.jpアソシエイトリンク

「Kindle Unlimitedサービス」の電子書籍の無料読み放題サービスでご利用できます。

PHPを学ぶなら

PHPを独学するなら動画で学べる「Udemy」が便利です

WordPress講座もご活用ください

ホームページ作成講座 WordPress個別サポート
西沢直木のIT講座
WordPress講座
(マンツーマン対応の個別指導)
PAGETOP