エラーメッセージ

「Call to a member function」と表示されるとき

クラスメソッドを実行して「Call to a member function」と表示されるときは、オブジェクト作成前に実行していたり、必要なオブジェクトインスタンスが生成されていないことが考えられます。 たとえば、次の例では、test...
WordPressのPHP

is_singleはカスタム投稿タイプの条件分岐には効かない

WordPressのテンプレートで特定のカスタム投稿タイプのときだけ処理を実行したい場合、is_singleを使った条件分岐を思い付きますがうまく利きません。 次の例では、「おすすめ店」を管理する「shops」というカスタム投稿タイプ...
WordPressのPHP

WordPressの「printf」や「sprintf」の用途と解読のコツ

WordPressテンプレートでよく見かける「printf」や「sprintf」という命令はWordPress関数ではなくPHPの関数です。 このprintf関数やsprintf関数は文字列を整形して表示するときに使います。わかりやす...
WordPressのPHP

is_multi_authorは投稿者ではなく「投稿したユーザー」が複数いるか判定する

WordPressで作成中のブログを複数のユーザーで管理するときは投稿者の画像(アバター画像)を含めて投稿者の情報を表示したいこともあります。 テーマによっては個別投稿の下にアバター画像を表示してくれるテーマもありますが、「投...
WordPressのPHP

the_excerptによる抜粋とget_the_contentによる抜粋の使い分け

WordPress関数のthe_excerptは記事本文の抜粋を表示します。一覧表示する記事の抜粋を表示するときに使うのが定番の用途です。編集画面の「抜粋」に入力された内容が表示されますが、「抜粋」に何も入力されていない場合は本文の先頭から...
WordPressのPHP

WordPressで_e関数や__関数による翻訳が機能する仕組み

WordPressでは_e関数や__関数という独特な名前の関数がサポートされています。どちらもサイトの文字列を翻訳するときに使う関数で他言語対応に役立つ関数です。たとえば、テーマTwenty Fourteenの404.phpには次のように記...
WordPressのPHP

WordPress関数のbody_classはページごとのデザイン変更に役立つ

WordPress関数のbody_classは、投稿やページのbodyタグに個別のclass名を追加してくれます。個別のブログ記事、固定ページで別々のデザインに仕上げたいときに役立ちます。 body_classは多くのWordPres...
WordPressのPHP

if ( get_header_image() ) の解釈と役割

WordPressでサポートされている関数「get_header_image」と「header_image」は、どちらもヘッダー画像のパスを取得するときに使われます。 違いはheader_image関数がヘッダー画像のパスを出力するの...
タイトルとURLをコピーしました