PHPを独学するなら、Udemyの動画講座で
PHP 7も使えて快適な エックスサーバー

wp_enqueue_scriptsフックを使うと、任意のCSSやJavaScriptをヘッダーやフッターで読み込むことができます。

テーマによってはstyle.cssが読み込まれていない場合があるので、子テーマの作成時に明示的にstyle.cssを読み込ませたい場合に役立ちます。

また、任意のCSSを読み込ませる場合、header.phpを編集する方法もありますが、気分的にheader.phpは直接編集しない方が無難です。そんなときにwp_enqueue_scriptsフックを使うと、functions.phpで設定すれば良いのでheader.phpを編集する必要がなくなります

次の例では、子テーマフォルダにあるstyle_pc.cssを読み込んでいます。

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_enqueue_style' );
function my_enqueue_style() {
    wp_enqueue_style( 'style1', get_stylesheet_directory_uri() . '/style_pc.css');
}

子テーマのstyle.cssを読み込む場合は上記のコードのファイル名をstyle.cssに変更する方法もありますが、次のようにget_stylesheet_uri関数を使う方法もあります。

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_enqueue_style' );
function my_enqueue_style() {
    wp_enqueue_style( 'style1', get_stylesheet_uri());
}
スポンサーリンク

こちらもどうぞ

こちらも参考にしてください

関連記事

MySQL

phpMyAdmin

PHPサンプルコード

PHP全般

PHP関数

WordPress

エラーメッセージ

PHPの基礎が身に付いたかチェック!

PHP「直す力」養成ドリル
スポンサーリンク