「http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0」と表示されるとき

PHPのWarning「http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0」はファイルをインクルードできないときなどに表示されます。

特に、URLを指定したファイルインクルードが許可されていないレンタルサーバーなどで表示されます。

たとえば、次のようなコードです。

$template = get_template_directory_uri() . '/template.php';

get_template_directory_uri関数によって「http://…template.php」のようなURLが返されますが、URLベースのファイルインクルードが許可されていないとエラーになります。

その場合、get_template_directory_uri関数の代わりにget_template_directory関数を使って物理パスを取得することでWarningは解消されます。

php.iniでallow_url_includeの設定を変更した方が簡単そうですが、これが許可されているかどうかはレンタルサーバーによって異なります。

PHPの基礎が身に付いたかチェック!

PHP「直す力」養成ドリル
スポンサーリンク