気軽に読めるPHP入門書・PHPスクリプトが動かないときの原因と対策などを紹介します。

  1. PHPエラーの原因と対策
  2. 37 view

Noticeエラーだけを非表示にしたいとき

スクリプトから表示されるエラーメッセージのうち、「Notice: Undefined variable」などのNoticeエラーだけを非表示にしたい場合、php.ini、PHPスクリプト、.htaccessのいずれかに次のように記述する方法があります。「E_ALL & ~E_NOTICE」は、Notice以外のすべてのエラーメッセージを表示するという設定です。

error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE
<?php
error_reporting(E_ALL & ~E_NOTICE);
?>
php_value error_reporting 30711

よくあるPHPの落とし穴を予習したい方におすすめの本

この記事のように同じPHPの設定でも書く場所によって記述が違う場合があります。これはPHP入門時によく出会う落とし穴で、自分では正しい記述をしているつもりでも、なぜか設定が反映されずに長時間悩む原因になります。そのような定番の問題を予習したい方にはこの本をおすすめします(私が書いた本ですが)。クイズ感覚で定番のトラブルをクリアしていきましょう。
「PHP「直す力」養成ドリル」について詳しくはこちら

PHPエラーの原因と対策の最近記事

  1. PHPの関数や変数の前にあるアットマークの意味は?

  2. 「http:// wrapper is disabled in the server co…

  3. php.iniの場所

  4. 「Warning: array_key_exists()」と表示されるとき

  5. 「Warning: A non-numeric value encountered」と表示…

関連記事

PAGE TOP