気軽に読めるPHP入門書・PHPスクリプトが動かないときの原因と対策などを紹介します。

  1. PHPエラーの原因と対策
  2. 35 view

外部のSMTPサーバーを使いたいとき

CMSなどを動作させるにはメール送信に使うSMTPサーバーが必要になることが少なくありません。ただし、さまざまな事情で、php.iniで「SMTP = localhost」のlocalhostの代わりに外部のSMTPサーバーを指定したいこともあります。

プロバイダやレンタルサーバーのSMTPサーバーを利用するには、ユーザー名とパスワードの指定が必要でしょう。その場合、サーバー名、ポート番号と合わせて次のように指定します。

○外部SMTPサーバーの指定(php.ini)
SMTP = smtp.xxxxx.com
smtp_port = xxxxx
username = xxxxx
password = xxxxx

※xxxxxは自分で使っているプロバイダやレンタルサーバーの情報に置き換えてください。

PHPエラーの原因と対策の最近記事

  1. PHPの関数や変数の前にあるアットマークの意味は?

  2. 「http:// wrapper is disabled in the server co…

  3. php.iniの場所

  4. 「Warning: array_key_exists()」と表示されるとき

  5. 「Warning: A non-numeric value encountered」と表示…

関連記事

PAGE TOP